Battle of Princess

1 いいね
3000文字以下 30人リレー
1か月前 736回閲覧
  • 童話
  • ファンタジー
  • コメディ
  • ヒロイン増やすのあり
  • 自由に続きを書いて
  • 楽しんだもの勝ち
1人目

さあ!始まりました!
おとぎ話のお姫様達が真のプリンセスの栄光をかけて競い合うBattle of Princess!!

司会は私!
風変わりな白うさぎを追いかけて不思議の国に迷い込んだ美少女ことアリス!

そして……!
審査員にはおとぎ話の主人公だけどプリンセスという括りではない皆さん!あとは王子様とか、ヴィランの皆さんなど沢山の方々に審査員をお願いしてあります!

審査員の皆さんの自己紹介は追々……。

ゴホンッ。

それでは。
そろそろ始めましょう。


true princessの栄光は誰の手に!【Battle of Princess】開幕です!!

2人目

「ひひひ、リンゴ……リンゴはいらんかね~? 美味しいよ~」

Battle of Princess会場では早速、黒マントで顔を覆ったリンゴ売りが声を上げていた。

「おい! 俺にもくれ!」
「こっちもだ!!」

「おいしいよぉ~。美味しいよぉ~」
「おい、そこのばあさん! リンゴを売る許可は取ったのか!?」

警備員が慌てて駆け寄ってくる。

「チッ、もう来たか……」

黒マント姿の老婆は舌打ちすると一目散に逃げていく。

「おい、そのリンゴは食べてはいかんぞ。あの婆さんは無許可で販売していたんだからな」

警備員の言葉に会場内がざわつく。
どうやらあの老婆は許可を取らずに勝手に商売をしていたようだ。

シャリッ……

静寂の中、小気味よい音が響く。
見れば赤髪の少女があの老婆から買ったリンゴを食べているではないか。
しかも一口食べただけで芯だけ残してしまっている。
少女はその残りカスをポイっと投げ捨てた。お行儀が悪い。
そう思った観客だったが、ふと違和感を覚える。

「あっ……」

捨てられたリンゴの芯が見る見る内に萎れていき、ついには枯れてしまったのだ。
それを見ていた他の出場者達の顔色がみるみると変わっていく。

「おい、それ毒リンゴじゃねえのか……」
「あんなもん丸かじりして大丈夫なのか?」

そんな言葉が次々と飛び交う中、少女は悠然とした足取りでその場を去っていく。
口笛まで吹いている余裕っぷりである。

「世の中、カラダに悪いものほど美味しく感じることもあるよねー」

なんとも恐ろしいことを言いながら。

「俺、食べなくて良かった~……」
「私も……」

結果的に、少女のおかげで毒リンゴを食べた観客は誰も居なかった。
偶然か、それとも……

3人目

「さあ!気を取り直していきますよ!」
司会のアリスが金のマイクを握って言った。
アリスはふわふわ金髪に青い目で、赤目の白いウサギのぬいぐるみを抱き締めたかわいらしい女の子だ。

「おいおい、あれが司会だって?」
「オレ、告ってみようかな」
「おっ、いいじゃんいっちゃえよ……」

「おだまりなさいっ!」

ざわついていた会場を甲高い声が貫いた。
会場が水を打ったように静まり返り、皆の目がただ1人の人物に集まる。

「あら、帽子屋さん」

アリスはいつの間にか隣に立っていたその人物を驚く様子もなく見上げた。

その人物——赤を基調としたファッションで長身を固めている。特に、もとはシルクハットだろうか、赤く染め上げごてごてと派手に飾り立てた帽子とも言えないような帽子が目を引く。

「あなた方は一体何のためにここに集まったと思っているのですか!」

その声はマイクも使わないのに鼓膜を破らんばかりに鋭い。
つい先ほどまで騒いでいた人々は嵐が過ぎるのを待つネズミのように耳を手で守り首をすくめた。

「まあまあ、落ち着いてくださいな。」

そんな中アリスは構わず帽子屋に言う。

「でも総合司会だというのに遅刻してくるとはいただけませんよ」

穏やかな口調だが、帽子屋はピエロのような白塗りの顔にうっすらと恐怖の表情を浮かべて首をすくめた。

「さあ、気を取り直していきますよ!」

アリスは気にせずマイクを握り直して群衆を見回す。

「1人目はぁ~?」

ドコドコドコドコ……

一拍遅れて始まったドラムロールが会場の空気を震わして温める。

ぱぁ~ん!

派手な音とともに、舞台を覆っていたキラキラ光る幕が取り払われる。
スチームの中から、1つのスレンダーな人影が歩み出て来た。

4人目

「カラーアニメの切り込み隊長にして、童話を知ってると彼女を知ってるが≒なお姫様の中のお姫様!知っている方も多いでしょうが、敢えて名前を高らかに叫びましょう!『白雪姫』!実はリンゴの毒ではなくリンゴを喉に詰まらせたという唖然呆然の死因持ちの白雪姫でございます!」
「……煽ってんのかなー?」

会場で先程、まさにその毒リンゴを平らげた赤髪の少女……白雪姫は、アリスの喧嘩腰な紹介にニッコリと……しかし静かな熱を込めた笑みを向ける。

「こ、これは私が書いたんじゃないんですよ!?ちょ、ちょっと床屋さん!この原稿どうなってるんですか!?」

想定外の原稿に今更ながら気づいたアリスは、舞台裏にいるはずの青年……ロバの耳の王様の髪を切った床屋に悲痛な叫び声を向ける。

「え?どれどれ……
『これ知って凄く言いふらしたくなったけど、俺が言ったら最悪ミンチだから紙に書きなぐったんだよね。原稿取り違えちゃったみたい、ごめんwww』!?
笑ってる場合じゃないでしょ、放送事故だよコレ!
『多分全部取り違えてる』って、更に爆弾を透過するなあ!嘘でしょ、私ミンチにされるの?だったらハートの女王に首チョンパされてた方がマシだったよ!」

悲惨な事態になるのが確定し、悲鳴を上げてその場に崩れ落ちるアリス。
その様子を舞台裏からカンペを出しつつ見ていた、原稿担当兼出演者たちのヘアセットを担当した『王様の耳はロバの耳』の床屋は、その状況に笑いをこらえていた。

「……ちょっとお時間、よろしいか?」
「えー、今取り込み中……って、はあ!?」

しかし、彼もまたおとぎ話の住人である。
何の因果か、そこにいたのは7人の小人……そう、白雪姫の育ての親にして白雪姫ファンの間では伝説となっている、最古参の厄介ファンだったのだ。

「原稿を取り違えた……」
「そう言っていたが……」
「本当か?」
「……いや、違うな」
「その反応……」
「明らかに意図してだろう?」
「ならば……」

明らかに日常で放ってはいけない圧を放ち、床屋へ詰め寄る。

「「「「「「「最悪(ミンチ)にしてやろう」」」」」」」
「……終わった」



ーーー



舞台袖から断末魔が響く。

「あーあ、やっぱわざとだったかあ……おとぎ話の世界でそんなことしたらどうなるかなんて、一目瞭然でしょ……?」

因果応報というこの世界の基本を忘れ去った哀れな挽き肉を軽く侮蔑してから、アリスは視界の本分に戻る。

「さて、気を取り直しまして……一人目の挑戦者は白雪姫さんです!何か意気込みはありますか?」
「うーん……小人さんたちが頑張ってくれたし、そのお礼に優勝する、かな?」
「アッハイ……素晴らしい意気込みですね!」

コメントに困る回答を受け、アリスは曖昧な返事で乗り切る。

「少々アクシデントがありましたので、紹介がアドリブになりますが……まあそれは気にしないでいただけたら幸いです!では次のお方に参りましょう!二人目の方も、白雪姫さんに負けず劣らずのお姫様ですよ!」

次なるお姫様の登場を告げるドラムロールが、再び会場に響き出した。