直感と運命の関係性はなんだろう。

0 いいね
500文字以下 10人リレー
6か月前 316回閲覧
1人目

自由には人の本性を写し出す力がある。

それは限られた時間でもなく限定的な状況でもなく、途切れ途切れに感じる退屈の中にある。


あぁ、僕の世界のことだ。

頭ではわかってる。心でも分かってることがある。

心には明確な理由がなくそれそのものが証拠であると僕に訴える。

判断を下す体はいつも心を贔屓する。まるで血液を人質に取られたかのように怯えている。

人質…細胞質とでも言うのだろうか。この際どうでもいいことだね。

頭はいつも誠実でエゴのない答えを出している。たとえ間違っていても僕は信じていたい。

だから僕には必要だった。頭でも心でも体でもないないもうひとつの何か。

2人目

それは、神だ。

そして、僕こそが神だ。そうに違いない。

神を嫌な気持ちにさせるものは悪だ。

だから、親も、学校の奴等も、全員、悪だ。

だから殺す。

僕は朝起きると、そう決意した。

台所から一本、包丁を拝借すると、まだ眠っている父と母を殺した。

首を切断してやったのだ。

それから、ガソリンとライターを準備して学校に向かった。

学校で授業が始まるのを待つと、すべての出入り口をふさぐようにガソリンを撒き、火をつけた。

かつてソドムとゴモラを滅ぼした天の火だ。

学校中の生徒と教師のほとんどが焼け死んだ。

すると、警察が来て、僕を捕まえようとした。

ふざけるなっ!

僕は神だ!

神は正義なんだ!

奴等は悪なんだ!正義が悪を滅ぼして何が悪い!

僕に逆らう奴はみんな悪魔の手先だ!

殺す!

僕は警察の一人を手刀で首をへし折って殺すと、銃を奪った。

そして、次々と警察の頭を撃ち抜いて行った。

殺した警察どもから銃を奪い、次々撃ち殺していく。

逃げ遅れた生徒も撃ち殺す。

「死ねっ、死ねっ!神を理解しないやつらに生きる価値なんかない!」

ひたすら撃ちまくった。