赤い屋根の家

3 いいね
人が閲覧中
500文字以下 10人リレー
  • 126PV
  • 自由に続きを書いて
  • 残酷描写有り
  • 登場人物が死ぬの有り
  • 暴力描写有り
  • 楽しんだもの勝ち
  • 話の流れを無視OK
1人目

 山奥にぽつりと一軒建つ赤い屋根の家
 暖炉の火はゴウゴウと勢いを増していく。
 その隣には、ある一人の老婆が頭から血を流して倒れていた。

2人目

「——で、不審な死を遂げた老婆の住んでいた家の屋根は、その血で今でも赤く塗られているそうなんですよ!係長!」

警視庁本部の一角、四畳半ほどの小さな一室で青島千香は怪談をヒートアップさせていた。
数多くの資料が乱雑に置かれ雑然とした部屋。そんな部屋の中央にある一台のデスクには、彼女の上司である男がコーヒーをすすっていた。彼の名は塩原。この部署の長である。

「ふーん…それで、その老婆の家ってのは『うまみ』があるのかい?下らない肝試しスポットになっていないだろうね。」

塩原が露骨に興味の無さを示しているのを察した青島は、ちゃんと確認しましたと呟き言葉を続けた。

「なんで興味ないんですか?頑張ってみつけてきたんですよ」
「血塗れの下りが噓くさすぎるだろ!ここは生活安全総務課とはいえ警視庁だ。オカルト研究会じゃないんだよ。」
「総務課と言っても超常現象対策室じゃないですか!」
青島の言葉が図星だった塩原は思わずうなだれ、十数秒辺りが静まり返った。
「その話が本当だって言うなら、捜査一課の情報とか無いのか?」
「ありますよ。」
「それを早く言ってくれ。」

塩原はようやく腰を上げた。

3人目

「はいこれです!感謝してくださいよね!」
 メガネをクイっとあげてドヤ顔で塩原を見る青島。
「なんで俺がお前さんに感謝せんといかんのだ……」
 不承不承といった具合に、手渡された資料に目を通す。
「……被害者は桜庭美千代、84歳。2017年4月13日未明、山登りに来ていた初老の夫婦が麓に降りた後、山小屋から異臭がするから様子を見てくれと通報。同日中に警察による実況見分が行われる。特に争った痕跡はなく、警察は事故死として処理。天涯孤独の身の上であり、高齢で山奥であったため連絡手段はなかった為……」
「ってことです!」
「なーにが、『ってことです!』だよ。ただの事故死じゃねぇか」
 資料を青島に突き返す。
「捜査一課の情報があるって言うから期待したのに、とんだ肩透かしだよ。やるならお前さん一人でやってくれ。俺は急用を思い出した」
「そんなこと言って、まーたサボるんでしょ」
 肩を竦めて立ち去る塩原。
「ま、窓際部署でも警部補としての金が貰えるんだ。出世街道外れてるんだし、気楽にやれよー。青島巡査」
 頬を膨らませ、うぅんと抗議するように唸る青島。
「……私は諦めませんからね!」

4人目

「さてと……」
一人になった塩原は天井を見上げる。
「おーい、そこにいるんだろう」
塩原が声をかけると、壁から黒い物体が飛び出してきた。
「久しぶりだな、吉田」
「ああ、塩原。それで呼び出したのは何のようだ?」
「これを見てくれ」
塩原は吉田に写真を見せる
「人間の死体か…」
「あぁ、こいつの犯人を探してもらいたい」

それを聞くと吉田は嫌そうな顔をする。
「そういうのは、警察仕事だろうが…」

「俺は忙しい」
「チイッ…」

そういうと吉田はまた壁に戻る。

「頼んだぞ、吉田。人類の存亡はお前にかかってる。