ファンタジー

4 いいね
100文字以下 20人リレー
1か月前 1385回閲覧
1人目

この物語は私が小学生の頃。授業の一環として行なっていたリレー小説の内容である。
一冊のノートを回しあって物語を作り上げていたあの懐かしさから、久しぶりにノートのページを開いてみた。

2人目

1番目はよっちゃん。1行だけ。

*
今日はいい天気だ。
*

……いかにもよっちゃんらしい、チョー無難な一文だな。
思わず頬を緩ませる。そして続きを読もうと目を移す。

3人目

続く2番目は…おかしい…。ページが破り取られている。
2番目から7番目までのページがない!
8番目。佐夜子の番だ!細かい字でつらつら書かれているが、その上から血文字で大きくこう書かれていた!
”殺す”

4人目

いかにも佐夜子らしい一文字だ。
佐夜子の次はトシちゃんの番。

*
今日もいい天気だった。
*

皆交換日記か何かと勘違いしてるんじゃないだろうか。
この物語はいつからファンタジーになるのだろうか。

5人目

10番目よっちゃんの番に戻ってきたらしい。

*
進んでないじゃん!
みんな真面目にやろうよ!
*

天気のことしか書いていないよっちゃんの言えたことではないだろう。

6人目

次は……名前が書かれていないな。


今日の夕方、駄菓子屋の長椅子に座ったお爺さんがファンタを飲んでいた。
間違いなくあの人が伝説の……


ついに天気以外の事が書かれた!と思ったらダジャレか!

7人目

*
そこは竜と人が共存する世界。
*


おお、誰か急に真面目に書いてる。でもいい感じだ!


*
人は、竜の炎で火力発電をし、エネルギー問題を解決した。
*


リアル指向~。てか、完結してるし。

8人目

9月になると
人恋しい
目立たなくても
がまんする
犯罪者は
人でなし

次は、茜の番なんだけど…。
なんだか、変な文章。
頭の良い子で、パズルとか暗号が好きだった気がする。
佐夜子と仲良かったっけ。