働いたら負けな日本でニート生活真っ最中の私が異世界で勇者と出会ったら

0 いいね
3000文字以下 30人リレー
3週間前 156回閲覧
  • 自由に続きを書いて
  • 暴力描写有り
  • ファンタジー
  • 誰でも参加おけです
  • キャラクター増やすの有り
  • どんなシナリオでもおけ
1人目

私の名前はしまい。
私はニートをしている。
このTシャツに書いてある『働いたら負け』という文字が見えぬか?

生きているだけでも罰を与えられる日本という国で引きこもり生活をしている。
子供の頃は大人が輝かしく見えた。
将来は明るくて、お給料が増えて、豊かな生活ができると思っていた。
しかし、いざ大人になってみると、お給料は横ばい。
日本は高齢者まみれでお先は真っ暗。
日本政府は子育てといいつつも、国民には子育て増税。
当の政治家たちは裏金を受け取り、裕福な生活をしている。
このことが毎日ネットニュースにあがり、この私でもわかった。
この日本から出たほうがいいと。
そして誰かがこの監獄に近いこの日本を壊してくれればいいと。
大塩平八郎とか、大政復古の大号令とか、フランス革命とか。
私は冗談交じりで「レジスタンスがいたら参加したいなー」と星を見ながらつぶやいていた。

そしてネットの海で見つけたとある呪文。
異世界に行くための呪文だ。
『アロー・ネウコール・ピュリータ』と月の出ている日に三回唱える。
「アロー・ネウコール・ピュリータ」
私は三回唱えた。
私は一週間も唱えていた。
周辺から玉のようなものが出てきた。
「あぁ、ようやく異世界に行けるんだ」
私は目をつぶった。
「こんな日本誰かが潰してくれればいい」
私は吐き捨てるようにつぶやいた。

「ここで何をしているんだ?」
私は目を開けると、そこにはいかにも異世界といえるような服装をした人たちがいた。
いかにも勇者パーティと言えそうな面子だ。
「賊なら、ここで成敗するわ」
 髪を短く切った少女は剣を私に向けてきた。
「わ、わたしは……」
ええっっと、なんて答えよう。
ここで召喚されましたって言っても、何も信用されない。
それにこのTシャツ一枚でどう説得しろと。
私はしどろもどろになっていた。