15年前に公開されたやばいゲームプレイしてみた。

0 いいね
500文字以下 20人リレー
1か月前 704回閲覧
  • 自由に続きを書いて
1人目

「どもども!フラットです!........はい、もうタイトルの時点でやばいんですけど。
今回はこのゲームをプレイします、視聴者におすすめされたんだけどさ。
『ちぱるん♪』.......うん、もう訳わかんないよね!!なに、この子供の落書きlevel100みたいなのは!
とりあえず、説明文読むね.......『森の奥底に住んでるちぱるん♪は、今日も元気!!
でも、今日は街にいるおにぃちゃんのお見舞いに行かなきゃ!みんな!手伝って〜!!!』...はい。
一見バカゲーって思うでしょ??......でもゲームのタグにホラーってあったんだよね.....。
なんかタイトルの時点でBGMないのし......絵も逆に怖いよね。」
そんな感じで話しながら、俺はニューゲームをクリックした。
15年前のフリーゲームだからか、結構動作が重い。

俺はフラット、ゲーム実況者だ。
登録者数は九百人ちょいで、まだまだかもしれないけど気ままに活動している。
.......このゲーム、『ちぱるん♪』は視聴者曰くかなりぶっ飛んでるらしいので楽しみだ。
にしても、こんなゲームどこから見つけてくるのだろうか??

2人目

「はーい!では、ゲームをプレイしますね〜!スタート!!」
ゲーム開始した直後、画面には街らしき背景が広がり、メッセージウィンドウが開かれる。
『あぁ、早くおばあちゃんの病院に行かなきゃ!早速出発しよ〜!』と書いてあった。
「へぇ、こう言う感じなのか…」
俺が今、操作しているキャラは女の子でどうやら今は女の子のおばあちゃんの入院してる病院に行くことになっているようだ。

3人目

そしてついに病院の前までやってくると急に画面が暗くなった。パっと画面が元に戻ったかと思いきや動画のようなものが映し出された。実在する住宅街のようなものが画面に映し出された。カーブミラーを曲がり細道の奥へと進んでいく。ぼんやりとピンぼけしていたがどこか既視感があった。  え、ここって......。 それは隣の家の青山さんの家だった。「ここ、おれの近くだよな..」唾を飲み込もうとするがコポっと喉がなるだけだ。
カン、カン、カンと音が聞こえる。音声はオフにしているはずだ。どこから聞こえてくるかと思い再び画面を見用途した途端、ピンポーンと音がした。